最新の手帳型スマホカバーの紹介

材質もデザインも豊富になってきたスマホカバーですが、背面を覆うシリコンカバーやポリカーボネートを利用したカバーと、手帳型で背面と画面の両方を覆うカバーです。形の可愛らしさではカバー型を選ぶ方もいますが、色味や材質、布の柄などの可愛らしさから手帳を選ぶ方もいます。どちらのタイプも色々な商品がありますが、手帳型の最新のものになるとチェーンを付けて持ち運びやすくしたものや、子供の頃に使ったゲーム機や文房具をモチーフにした、他の分野とのコラボ商品が毎年、新たに出ています。このような商品は材質もデザインもスマホが入り、保護することができれば、どのような形になろうと自由ですから、デザイナーの方たちの腕の見せ所ともいえます。ただこだわればこだわるほど、金額は跳ね上がり、売りにくくなります。このバランスも難しいです。

手帳型のスマホカバーのメリットは前も後ろも守ってくれる

デザイナーの腕によって、どんなものでも作れるスマホカバーですが、やはり基本はスマホにフィットする形となっています。男性は特に、小物が装飾品で重たくなることを良いと思う方は少ないです。やはりポケットに入る程度の物が基本です。しかし背面を覆うだけのカバーでは画面を保護カバーで守っていても布でこすれてしまうので、細かい傷がシートに付きます。そこで手帳型ですが、こちらは背面型に比べて厚みが出てしまい、感覚的に2倍の太さになってしまう点がデメリットでもあります。しかし手帳型はそれ単独でスタンドにもなりますし、カード入れも付いていて交通系ICカードを入れておくこともできます。携帯電話のようにストラップを付けるところもあり、落下防止のほか、可愛いアイテムとして取り付けが可能です。

スマホカバーは手帳型も背面を覆う型にもメリットはある

手帳型のスマホカバーのデメリットは厚みだけでなく、布などが劣化しやすい材質のものがある点や、マグネット付きのカバーの場合ICカードが磁気狂いの危険もあり、メリットを積極的にお勧めができないものでもあります。また写真撮影がしにくいという方もいるので、何ができない事に最もストレスが溜まるのかを考えて購入する事をお勧めします。コンビニやコーヒーチェーンに頻繁に行く方で、お財布ケータイのようにスマホを利用している方や、写真はじっくり構えて撮影したい方、何よりも保護を重要視したい方にとっては手帳型が非常に便利ですが、カバンやポケットから取り出して、すぐに使いたい、撮影したい、重いのは嫌だという方は背面を覆う形のものの方がストレスは少ないです。まず何がしたいのか、それが最も重要です。