お勧めの手帳型のスマホカバーの紹介

スマホのカバーの目的の第一は、スマホ本体を汚れや傷から守るためということでしょう。スマホの背面をカバーするタイプと、前面と背面をカバーするタイプの2種類に分けられます。普段ポケットなどに入れて持ち歩いている方は、薄くて軽い背面カバーだけのものが好まれるかもしれませんが、手帳型カバーには様々なメリットがあります。第一に画面を保護でき、落としても画面が割れにくくなるという安心感があります。そしてカードを数枚収納できるポケットがついているタイプも多く、収納力も魅力です。ただこの収納について一つ注意点があります。それは磁気の影響でカードが使えなくなったり、スマホの故障につながる可能性があるということです。そのため磁気をシャットダウンできる専用カードがありますので、それを挟んで使うことをおすすめします。

手帳型のスマホカバーのメリットとは?

手帳型のスマホカバーのメリットとして、保護力と収納力については先ほど述べましたが、その他にどんなメリットがあるのでしょうか。まず手帳型ケースにはスタンドとして使えるタイプが多いです。レシピを見ながら調理をするなど他の作業をしながらスマホを見たり操作する際にはとても重宝します。また動画を観たりすることが多い場合も、すぐスタンドになる手帳型はとても便利です。そして、手帳型は画面をカバーしているため、メールなど通知が来ても第三者に見られませんし、画面見ている際も横から覗かれるのを防ぐことができます。反対に手帳型ケースのデメリットの一つとして、着信の際に取りづらいということが挙げられますが、その点を改善して、閉めたままでも通話できる通話窓がついている手帳型カバーも販売されています。

手帳型のスマホカバーで使用される素材はどのようなものがあるのでしょうか

手帳型のスマホカバーで使われる素材としては、ポリウレタンがベースの人工レザー(合皮)や本革、布、木が多く使われています。まず人工レザーは、軽くて汚れにくく安価なのが特徴です。ただし合皮に使われるポリウレタンは保温性が高く、放熱性が悪いため、スマホの使用頻度が多い場合や、消費電力の激しいアプリを利用する場合は少し注意が必要です。次に本革は高級なものとしてビジネスマンなどに根強い人気があります。ファッションの一部として個性をアピールできるアイテムとなるでしょう。そして布はレザーに比べ汚れやすいですが、デニム生地を使ったカバーなど高いファッション性があるといえます。最後に木についてですが、質感の良さと美しい木目など高級感を感じられる素材として人気が高まっています。手帳型カバーはデザインもクラシックなものからポップなものまで多数ありますので、楽しみながら選んでみてはいかがでしょうか。