スマホ カバー 手帳

スマホカバーに手帳型を利用することの勧め

現在スマホの普及率はとても高く、多くの人が持っています。しかし画面が剥き出しなので落として画面を割ってしまいそのまま使用している人もいます。さらにリチウムイオン電池を使っているので落としただけで爆発した事例もあります。スマホはとても便利で街で地図を見たり写真を撮影することもあるので屋外で使う機会がとても多く、それと同時に落としたりして故障してしまうリスクがとても高いものです。そのような時のためにカバーを多くの人がつけています。故障のリスクの他にも、スマホカバーは家電量販店を始め、多くの店舗やオンラインストアでも購入可能であり、様々な種類のカバーがあります。手帳型やその他好みのデザインのカバーを製作できるサービスも存在します。この種類の多さからスマホを自分好みにカスタマイズできるので、アクセサリー感覚で使用している人も多いです。

スマホデビューしたらとりあえず手帳型ケースを使ってみるのがおすすめ

メジャーなスマホカバーは大きく分けて3種類に分類されます。スマホ全体を保護する手帳型、背面と側面を保護するケース型、そして本体側面のみ保護するバンパー型です。ケース型、バンパー型もシンプルで魅力的ですが、一番のおすすめは手帳型です。もしスマホデビューしたけどどのカバーにしたらいいのかわからない、という方はかばんやポケットの中でも画面を保護してくれる手帳型をおすすめします。どのカバーが合うかは使用者の生活スタイルに大きく依存しますが、少なくともスマホを外出時に自宅に置いて行く人はおそらくほとんどいないと思われます。またスマホは画面が保護できる折り畳みタイプのフィーチャーフォンよりも全体的に壊れやすいのでスマホ初心者には本体全面を保護してくれる手帳型が大変魅力的です。

手帳型ケースの様々な魅力と活用方法

手帳型ケースの魅力は他にもたくさんあります。例えば、内側にカードケースやミラーがついているものがあることです。ICカードを入れればスマホをかざすだけで駅の改札を通れます。さらにスマホ全面を覆うのでケースをつけた瞬間スマホまで変えたような新鮮な気分を味わうことができます。6,000円するものから1,000円台で購入できるものがあり価格帯も様々ですので、お気に入りのカバーを長く使ったり、安いカバーを複数購入して気分でこまめに変えたりと楽しみ方も様々です。また、ケース型、バンパー型はその機種専用のものでないと使えませんが、手帳型は全機種対応のものがあります。ですので、スマホを機種変更したときもそれまでのカバーをつけることができます。スマホは年々値段が高くなっていますので、些細なことで壊さないよう手帳型カバーをつけて大切に使用しましょう。